ホームページの基本と応用!

書きたい内容を整理しよう

ホームページは宣伝手段の一つです。
ホームページは1ページから成り立つものですが、複数ページを使って表示することも可能です。例えば説明ページを作り、別のページで会社概要やよくある質問コーナーなどのページを分けて作ってあるのはよく目にすると思います。
まずは何をどう表示したいかをまとめましょう。トップページで何を表現したいのか、伝えたい内容とその順番。それらの段落構成や、ページを分けて行うべきか、わかりやすく、見やすくするにはどうしたらよいかなど、いろいろと想定をし、伝えたい内容をまとめることから始めましょう。基本は各ページに伝えたい内容を数個だけ表示をし、雑誌のようにどんどんページを遷移させていく方法が主流です。自分にあった宣伝の内容をまとめてから作成してください。

有効に宣伝して、来場者を増やそう

一生懸命作ったホームページは多くの方に見てもらいたいものです。多くの方に見てもらうためにホームページの中でいろいろな工夫をしていきましょう。いろいろな検索ページに自分のホームページの登録をするのはもちろん、ツイッターのハッシュタグのようにホームページの中にも検索して引っかかってほしい文字をちりばめておきます。なるべく多くの文言をページの中に織り込んでおくとそれだけ検索された時にヒットする確率が増えます。また、ホームページ分析のソフトを使って、ホームページに来てくれたユーザー層を調べましょう。よく閲覧されたページやページの遷移、検索結果から遷移してきた内容などをまとめて、今後の参考にして、どんどん改善していきましょう。

ホームページ作成の実績があるところに作成をしてもらうと、検索エンジンに引っかかりやすくなることや、見た目も綺麗に仕上がります。